SCROLL

私たちLocal Creative School(LCS)は、
社会課題が山積する中山間地域や限界集落、地域社会において
最も必要な存在が、「地域で事業を興す創造者」だと考えています。

「雇用されるスキルが高い人材」は、会社が集中する首都圏に集まる。
今、地域に必要なのは、「自分で自分を雇用できる人材」ではないでしょうか。

LCSは、自己分析・地域・事業に関する実践的な学びや気づきを提供し、
一人でも多くの受講者が「自分で自分を雇用できる人材となっていく」
世界観を目指しています。

講座の3つの特徴

講座の特徴1

3人のプロフェッショナルが
伴走します

場づくり、地方創生、新規事業開発。それぞれ強みが異なるプロフェッショナルが、最初から最後まで伴走します。フレームワークや独自のメソッドを活用しながら、受講生一人ひとり異なる「実現したい想い」に丁寧に寄り添います。

講座の特徴2

心理的安全性が担保された
対話の場

お互いを尊重し、受容し、応援し合う、心理的安全性が担保された場を育んでいきます。講師と受講生、受講生同士、何度も対話を重ねていくことで、事業の輪郭がはっきりと見えるようになっていきます。

講座の特徴3

学び合い、高め合う
学習コミュニティ

Local Creative Schoolは、内発的動機による学習コミュニティです。お互いの夢や志を共有し、一緒に学び、高め合っていくことで、受講を重ねる毎に、受講生同士の絆が深まり、ここでしか得られないつながりが生まれます。

講師紹介

渡邉 知  Satoru Watanabe
    

株式会社ファイアープレイス代表取締役/東京都観光まちづくりアドバイザー。電通グループ〜リクルートを経て、2015年に「つながりを創出し しあわせの総量を増やす」をミッションとする(株)ファイアープレイスを設立。内発的動機(WILL)を起点としたつながりを増やし、そこから新規事業を創出していくための一連のメソッドとアクションを「点火(IGNITION)」と称し、地域づくり、場づくり、チームづくり事業に挑戦中。つながり=「共感と共働」と起き、つながりから産まれる「共創」に伴走する点火役。

 

嶋田 俊平  Shunpei Shimada
    

株式会社さとゆめ代表取締役。環境系シンクタンク勤務を経て、2013年にさとゆめを創業。「ふるさとの夢をかたちに」をミッションに、地方創生の戦略策定から商品開発・販路開拓、ショップの立上げ・集客支援まで、一気通貫で地域ビジネスの事業化を支援している。全国各地で約30程の地域で道の駅・アンテナショップ・観光事業・DMO設立等に関わる。2019年には、山梨県小菅村に、「700人の村がひとつのホテルに」をコンセプトとした分散型ホテル「NIPPONIA 小菅 源流の村」を開業。

竹内 誠一  Seiichi Takeuchi
  

株式会社wee代表取締役/情報経営イノベーション専門職大学 客員教授。リクルートコミュニケーションズ(現在のリクルート)で、クリエイティブディレクター、部長を経て、2020年4月1日に新規事業創造に特化したビジネスプロデュース会社のweeを設立。認知行動デザインをコア技術としたインキュベーション、n=1から着想するサービスラボの2つの事業を展開。年間の事業/サービス開発実績は約30プロジェクト以上。ヘルスケア、不動産が得意領域。

講座内容

STEP1
自分と向き合う
( オンライン講座 )

近くて遠い存在、それが自分ではないでしょうか。講座の序盤3回では、適性検査やカードゲーム、これまでの人生を振り返るフレームワークなどを通じて、内省から始まる自己認知を深めていきます。同時に、受講生同士の対話を通じて、他己理解・相互理解し、心理的な安全性を醸成します。

STEP2
地域と向き合う
( オンライン講座 )

講座の中盤の3回では、地方創生のスペシャリスト「さとゆめ」代表の嶋田が、20年以上の事業開発・運営の経験を踏まえ、ローカルビジネスに必要なマインドやスキルをお伝えします。どのように地域の理解・協力を得るのか、どのように地域でビジネス上の優位性を生み出すのか、事例も交えて学びます。

[ 任意参加 ]フィールドワーク

■日程:8/27(土)〜8/28(日)■
近年、急速な勢いで挑戦者や二拠点居住者が集まる海沿いのまち、千葉県館山市のホステルを借り切って過ごす1泊2日のフィールドワークです。
ローカルで事業に挑戦した実践者のリアルに触れることができ、実践者の想いや苦労、喜びや悲しみを、五感を通じて追体験できます。また、受講生、登壇者、実践者との交流を通じて、豊かな人的ネットワークが広がります。

STEP3
事業と向き合う
( オンライン講座 )

講座の終盤の3回では、地域に価値をもたらす起業の擬似体験をしていただきます。三方ヨシ(自社、地域、顧客)を実現する事業を生み出すためのフレームワークを行い、自身で起業することにリアリティを持っていただきます。他の受講生の発表を聞くことで、自身の考えを広げるきっかけとなります。

オンライン講座日程

 

STEP1:自分と向き合う〔講師:株式会社ファイアープレイス 代表取締役 渡邉知氏〕
DAY16月15日(水)19:30〜21:30適性検査と価値観診断
〜受講生同士の対話を通じた自己認知と相互理解〜
DAY26月29日(水)19:30〜21:30ライフログ
〜人生の転機と、自身に決定的な影響を及ぼした3人との
出会いをマッピング〜
DAY37月13日(水)19:30〜21:30Will-Can-Need
〜やりたいこと、できること、求められることの棚卸し〜
STEP2:地域と向き合う〔講師:株式会社さとゆめ 代表取締役 嶋田俊平氏〕
DAY47月27日(水)19:30〜21:30村まるごとホテル、沿線まるごとホテル
〜山梨県小菅村・JR青梅線でのケーススタディ〜
DAY58月10日(水)19:30〜21:30町単独のアンテナショップ・地域商社
〜山形県河北町でのケーススタディ〜
DAY68月24日(水)19:30〜21:302つのケーススタディを踏まえ、
地域でのビジネスプラン構築手法を学ぶ
STEP3:事業と向き合う〔講師:株式会社wee 代表取締役 竹内誠一氏〕
DAY79月7日(水)19:30〜21:30自社について
〜VMVフレームで自社の実現したいことを決める〜
※VMV=ビジョン・ミッション・バリュー
DAY89月21日(水)19:30〜21:30地域について
〜Asis/Tobeフレームで、地域に必要な事業を発見する〜
DAY910月5日(水)19:30〜21:30顧客について
〜VPCフレームで、顧客が喜ぶサービスを創る〜
※VPC=バリュー・プロポジション・キャンバス

受講生の体験インタビュー

よくあるご質問

支払方法を教えてください

全ての日程には参加できないのですが、受講できますか

オンライン講座の動画は後から見られますか

フィールドワークの申し込み締め切りはいつですか

講座とフィールドワーク以外にオフ会はありますか

独立する予定はないのですが、受講できますか

受講生の男女比

男性
女性
その他

会社員 / 独立の割合

会社員
独立
独立準備中

講座料金

 

お申し込み期間

6月10日(金)まで

講座金額

¥50,000-(税込)

フィールドワーク
貸切宿泊代・現地案内人のコーディネート代込み

¥20,000-(税込)

※1泊2日オフラインフィールドワークは自由参加です。
※お支払いはクレジットカード支払いのみとなります。申込み後メールにてご案内をお送りします。
※オンライン講座全9回は、後日アーカイブ動画を共有いたします。

コラボレーション

 

LCSでは、企業や官公庁とのコラボレーションも
行なっています。
柔軟性の高いコンテンツを元に
貴組織の文化や研修ゴールに合わせてカスタマイズし、
新人研修や管理職研修等にご利用いただけます。

 

TOP